2017/04/15

聖土曜日

夕刻からはじまる復活徹夜祭までは、ミサのない聖土曜日。

それでも時課の祈りはいつも通りあります。

読書箇所 http://www.pauline.or.jp/bible/bible_od_holy_sat.php

哀歌は父祖たちの罪が現在自分たちの身に降りかかり災いにあっていると嘆いています。
そこから二つのことを感じました。
まずは、私たちがイエス様を信じるのなら、
イエス様の贖いによって救われることを信じ、回心するならば私達の罪は赦される。
それが、哀歌の時代と今と大きく異なることであり、
まさに「今は恵みの時、今こそ救いの日」だということ…。

そして、信仰とは直接関係はないかもしれませんが、
私達の子孫が苦しまないように、神様が創造し私達に支配するようお命じになったこの地球を大切にすること、です。

すべてのものに神様の業を感じながら、それに応え生きてゆければと思ったのでした。

*…*…*…*…*…*…*…*…

四旬節も終わります。
毎日祈りの中で感じたことを文字に残す作業は
ただ祈って終わりではなく、自分の感じたことを覚える作業になりました。
それは、神様の語りかけを改めて感じる恵みでした。



――――――――――――――★-☆。.:*:・゜――
Mon site web:Fabien Lafiandra Fan Site
Mon Blog français:lang-8
★☆――――――――――――――――――☆★

0 コメント:

コメントを投稿

 
Minima 4 coloum Blogger Template by Beloon-Online.
Simplicity Edited by Ipiet's Template