2017/03/18

四旬節第二土曜日

私たちってとかく「兄さん」サイドになりがちです。
「兄さん」サイドになるとこの福音書はとても冷たく感じられる場所です。

ミサ朗読個所http://seseragi-sc.jp/xe/346490

人間は誰にでも「弟」の部分があります。
その弟の部分を回心さえするば御父はいつでも受け入れてくださいます。
イエス様の十字架の死を信じる事
私たちの贖いと信じる事
それだけです。

旧約の中の神はモーセのたった一つの過ちのためにモーセを約束の地へお連れすることはありませんでした。

読書箇所 http://www.pauline.or.jp/bible/bible_od_quaresima02sat.php

読んでいくと、神様が聖なる方であることを表さないのは罪深いことなのだと感じます。
私だけではなく、人間全体が不完全なものであることを悟り、完全で聖なる存在である神様を告げ知らせていくのは大事なことですね。

♪∽♪∝♪∞♪∽♪∝♪∞♪∽♪∝♪∽♪

お兄さんのように正しく良く生きなきゃばっかり考えていると、他者に対する怒りがわいてくるような気がします。怒りではなくても嫉妬とか自己卑下とかいらない感情が育ちやすい気がします。

以前、一度ハープをやめる直前のころの私はハープがちっとも楽しくなかったし喜びも感じられなくなっていた。。。(娘もそうだったんだろうなあ)
上達しなきゃ、間違えないようにしなきゃ、楽譜に忠実でなきゃ、できないできないできないパニック。

散々迷惑かけて投げ出したけれど、一度離れて、やっぱり好きとわかったこと、Bさんとの出会いで、彼はこの曲ならどんな演奏が好きなんだろうとか(Mary O'haraのファンなのでよく考える)たとえその人の前で引かなくても、誰かのことを思いながら弾くことの大切さがわかった気がします。
今はハープを弾くことが楽しいし喜びです。

先日のWSのあと、業務連絡的なこともあり先生からメールをいただきました。
「ハープを楽しまれてください」
と最後に書かれていて。。。そう、自分に足りなかったものが書かれていました。
弾けなさ過ぎて胃痙攣起こすことがたまにあるけど(笑)、今では楽しみも喜びもちゃんとあります。

信仰も全く同じで、結局は神様とのかかわりに喜びを見いだせないと息が詰まってしまいます。弟の心になって「末席」でもよいから神様の輪に加われる喜びを味わっていきたいですね。

♪∽♪∝♪∞♪∽♪∝♪∞♪∽♪∝♪∽♪

金曜日は我が家は恒例のパスタの日でございます。
昨夕は夕飯もアイルランド色でございますわよ。(笑)


トマトを投入したらアイルランドではなくイタリアンカラーになってもーた!!


こちらは娘ちゃん仕様。トマト嫌いなのでいれなかったらちゃんとアイルランドな感じ。

ペンネを柚子風味の豆乳ソースにからめさらにフムスとほうれん草のグリーンソース、ガーリックを投入したものです。グリーンソースは何にでも使えそう。単に緑いろなだけなので着色にも使えるみたいです。私はガーリック入れてしまいましたからちょっと無理ですが…
(グリーンソースの作り方はこちらからいただきました->https://cookpad.com/recipe/3865336
フムスとかワカモレって肉がないときのコクだしに良いですね。

――――――――――――――★-☆。.:*:・゜――
Mon site web:Fabien Lafiandra Fan Site
Mon Blog français:lang-8
★☆――――――――――――――――――☆★

0 コメント:

コメントを投稿

 
Minima 4 coloum Blogger Template by Beloon-Online.
Simplicity Edited by Ipiet's Template